ニキビに効く食べ物

ニキビに薬が必要なくなるの!?ニキビに効く3つの食べ物

ニキビに効く食べ物

ニキビって、皮膚だけが原因の炎症だと思っていませんか?

 

実はニキビは、日ごろの生活習慣や、食生活も影響しているんですよ。

 

ニキビに効く薬を塗っていても、ストレスが溜まっていたり、生活習慣が乱れていたりしたら、効く薬も効かなくなってしまいます。

 

 

でも、

 

 

「薬に頼るのはいや!」

 

 

って、思いますよね。

 

自然療法で治せるなら、それは、すごく身体にもいいこと。

 

では、たとえばニキビに効く食べ物ってあるんでしょうか。

 

 

もちろん、ニキビに効くと言われている食べ物はあるんですよ。

 

以下、3点ご紹介していきましょう。

 

 

 

 納豆

 

ニキビに必要なビタミンであるビタミンB2が含まれている食品が納豆です。

 

これは、毎日手軽に食べられる食べ物ですね。

 

毎朝1パック食べてみましょう。

 

 

 

 レバー

 

皮膚の粘膜や免疫を高くする働きのあるビタミンA。

 

レバー類を取るようにするといいでしょう。

 

レバーが苦手でも、野菜たっぷりの炒め物にしたら美味しいですよ。

 

 

 

 マメ類&イモ類

 

腸内環境の悪化はニキビの原因にもなります。

 

食物繊維が多く含まれている食べ物を摂取しましょう。

 

主に、豆類、芋類、ゴボウなどに多く含まれています。

 

煮物によさそうな食材ですね。和食でさっぱりレシピにしましょう。

 

 

 

以上、少しづつでもいいので、まずは食べやすいものからでも、始めてみましょうね。

 

 

気を付けなければいけないのが、ニキビの原因を引き起こす食べ物もあるということです!

 

 

以下のものはあまり取らないようにしましょう。

 

 

  • 糖類が多く含まれたお菓子(ケーキ、ジュースなど)
  • アルコール類
  • 辛い物(刺激はよくありません)
  • 脂っこいもの

 

 

 

「すごく好きなものばかりだ!!!」なんて、ショックを受けますよね。

 

みんなの楽しみなものばかり・・・

 

 

 

でも、これは、過剰摂取をした場合の話です。

 

 

「たまに甘いものを食べたい。」

 

「今日はお酒を飲みたい気分だ・・・」

 

 

なんて日もあると思います。

 

普段から、栄養バランスには気を付けていればたまに摂取するのは問題ありません。

 

何事も取り過ぎが禁物なので気を付けましょうね。

 

 

食べ物には気を付けていても、睡眠不足やストレスが溜まっていては、ニキビができやすくなってしまいます。

 

定期的なストレス解消法を見つけて行ったり、規則正しい生活も心掛けて、内側も外側も健康的な身体を手に入れましょう。