ダラシンTゲル ニキビ薬

ダラシンTゲル以外のニキビ薬で効果的なのはどれ?

ダラシンTゲル,ニキビ薬

赤ニキビに処方されるダラシンTゲルという塗り薬があります。

 

でもこの薬、即効性がありますが、市販には売っていないんです。それに、赤く炎症を起こした状態の赤ニキビ専用薬です。

 

 

「皮膚科に行くのが面倒!」

 

 

なんて人にとっては、市販の薬がいいなと思いますよね。

 

では、市販のニキビ薬には他にどんな効果的な薬があるのでしょうか。ご紹介していきましょう。

 

 

 

【テラ・コートリル】

 

ジョンソン・エンド・ジョンソンが製造している市販の塗り薬です。

 

個人的には社名だけすごく聞いたことがあります。

 

こちらの塗り薬は、ダラシンTゲルには含まれていないステロイドの外用薬なんですが、同じように赤ニキビに効くと言われているんです。

 

 

ステロイドが有効成分となっており、ニキビの炎症を抑える働きがあります。

 

市販の薬でステロイドが含まれているのは稀ですが、皮膚科で処方される薬よりも弱めなので、市販でも販売が可能となっている商品です。

 

 

即効性がありますが、刺激も副作用も少ないため、安心して使用できます。1週間ぐらいは継続して使用してみましょう。

 

 

 

【クレアラシル】

 

レキットベンキーザージャパンが販売している市販の塗り薬です。

 

 

「CMで聞いたことある!」

 

 

っていう人も多いのではないでしょうか。

 

 

この薬は有名なニキビ薬です。

 

しかも、ニキビの中の白ニキビや赤ニキビにも効果があると言われているんです。

 

手軽に近くのドラッグストアで手に入るのがいいですよね。

 

 

クレアラシルの有効成分はイオウとレゾルシンという成分で、この成分がアクネ菌を殺菌し、ニキビの炎症を抑制します。

 

有効成分がイオウだけあって、匂いはあのイオウの香りがします。

 

即効性は人それぞれですが、2週間は継続して使用してみましょう。

 

 

 

いかがでしたか?

 

2点ご紹介しましたが、市販で買える塗り薬があるなら、気軽に使ってみようっていう気になりますよね。

 

 

ただ、ニキビと言っても最終形態の黄ニキビまでいってしまうと、自力で治すのは難しいので、そこまでひどくなってしまったら、皮膚科に行って診てもらいましょうね。

 

 

また、市販の薬も、お肌に合うか合わないかは使ってみないと分かりません。

 

使ってみて、「何も変化がみられなかった!」「悪化してしまった・・・」なんていう場合は、一度お医者さんに診てもらった方がいいでしょう。