ダラシンTゲル ステロイド

ダラシンTゲルにはステロイドが含まれている?

ダラシンTゲル,ステロイド

「あなたは“ステロイド”という名前は聞いたことがありますか?」

 

「塗り薬とかであるんじゃないの?」と思う人も多いのではないでしょうか。

 

そもそも、“ステロイド”って何?って思いますよね。

 

“ステロイド”とは、2つの腎臓から作られるホルモンなのですが、このステロイドホルモンを治療薬に入れることで、体内や皮膚の炎症を抑えたりする働きがあるんです。

 

あらゆる治療に使われているのですが、身体に合わなかったり、間違った使い方をすることで、副作用もあると言われているので、怖いですね。

 

 

 

では、赤ニキビの治療のために皮膚科で処方されるダラシンTゲルには“ステロイド”が含まれているのでしょうか。

 

「ニキビの炎症を抑える薬なら入っているんじゃないの?」

 

と、思いますよね。

 

 

実は、ダラシンTゲルには“ステロイド”は含まれていないのです。

 

 

ダラシンTゲルは抗生物質であり、ニキビの原因であるアクネ菌を抑え込み、ニキビを改善する効果があると言われています。

 

ダラシンTゲルと“ステロイド”系の塗り薬を両方処方される場合もあるようですが、その場合は、赤ニキビの炎症とともに、かゆみを伴う時に一緒に処方されるようです。

 

 

“ステロイド”はかゆみを抑える働きがあるんですね。

 

 

 

私も、食器を素手で洗うと、すぐに手の指の部分がかゆくなってしまうんです。

 

なので、今では食器洗いをする時は必ずと言っていいほど、ゴム手袋をして洗います。

 

素手だった時は、指がかゆくてかゆくてどうしようもなくて、皮膚科に行ったことがあります。

 

その時に処方された薬がステロイド系の塗り薬でした。

 

確かにかゆい時に塗ると、かゆみが治まり、赤い湿疹のようなものも徐々に消えて楽になります。

 

 

 

ニキビの根本から治す治療と湿疹の治療とはまた別なんですね。

 

ダラシンTゲルは、処方されてから、症状がひどい時に塗り続けるのはいいのですが、治ってからも使い続けると耐性ができてしまって、効かなくなってしまうので、症状が治まったら、使用をやめるようにしましょうね。

 

 

塗り過ぎや間違った使い方も副作用を招く危険があります。

 

皮膚科で使用の仕方をよく聞いて、正しく使い、正常な皮膚を取り戻していきましょう。